2020-2030

日本社会における
持続可能な17個の「地域」目標

SUSTAINABLE LOCAL GOALs

「SLGs」はハコレコドットコム株式会社が策定した
持続可能な地域のための目標設定です。

17GOALs

パートナーシップで実現する17の目標

利益を生む投資を

01

利益を出せることに投資し、そこで得た利益を再投資する好循環を地域全体に浸透させる。地域からの投資を呼び込む事を含め、資金調達の手段を多様化する

  • #イノベーション
  • #産業
  • #創造性
  • #活力・活気

SDGs?

SLGsとSDGsの違い

SUSTAINABLE DEVELOPMENT GOALS

(エスディージーズ:Sustainable Development Goals

持続可能な 開発 目標

地球上の「誰一人として取り残さない」ことを誓った
世界共通(国際的)の「開発」目標

「SDGs」は2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として、2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2030年までの国際目標です。
持続可能な世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成され、地球上の「誰一人として取り残さない」ことを誓っています。

目的
持続可能な「国際社会」を実現すること
設定エリア
地球上のすべてのエリア
アプローチ
トップダウン
前提条件
人口増加経済発展絶対的
主な対象者
政府機関/大規模な事業体/人類

SUSTAINABLE LOCAL GOALs

(エスエルジーズ:Sustainable Local Goals

持続可能な 地域 目標

SDGsを「ジブンゴト」にするための
日本社会の「地域」目標

「SDGs」は世界共通の開発目標であるがゆえに、日本の地域社会に暮らす私たちにとってあまり身近に感じられない要素も含まれています。
そこで、2020年現在の日本の地域社会に適用しやすい目標設定として「SLGs」を策定しています。
「SLGs」は「SDGs」に比べ、ボトムアップのアプローチで「自分たちにとって身近な課題」「自分たちで解決(改善)可能な課題」に焦点を置いていて「SDGs」同様、17のゴールを設定しています。

目的
持続可能な「地域社会」を実現すること
設定エリア
日本社会における地域(LOCAL)
アプローチ
ボトムアップ
前提条件
人口減少経済停滞相対的
主な対象者
自治体/中小企業/市民

WHAT's LOCAL?

SLGsにおける「地域」の捉え方

SLGsにおける「地域」の捉え方

SUSTAINABLE LOCAL GOALs

における地域の捉え方

「地域」=
「地方都市・田舎」ではない

  • ローカルは「近しいもの/隣同士のもの/近傍」を指す
  • ローカルの範囲は可変的であり物理的な距離に限らない
  • ローカルの範囲は相対的であり自治体の境界線に依存しない